肌の乾燥とは?

乾燥肌とは、角質細胞間脂質が減少したり、皮脂の分泌量が減ってしまうことによって起こる肌トラブルです。乾燥肌とは、肌の皮脂と水分が不足して潤いがなくなり、肌のバリア機能が低下した状態のことをいいます。

バリア機能が壊れると、皮膚表面から水分が蒸発しやすくなります。そして異物が侵入してきます。そのため肌荒れ、乾燥肌、敏感肌など肌トラブルや、アトピー性皮膚炎などの炎症、皮膚病まで引き起こしてしまうのです。ツヤツヤした健康的なお肌を守るには、スキンケアだけでなく栄養面、生活習慣も含めて「皮膚のバリア機能を維持するライフスタイル」を意識する必要があります。

乾燥性皮膚炎は冬季に悪化することが多く、下肢(かし)を中心に皮膚が乾いて肌が荒れ、粃糠様(ひこうよう)(ぬか状)のふけが目立つようになります。これらの変化は、もともと角層(かくそう)に存在し、外界からの刺激に対して防御的にはたらくセラミドという脂質(ししつ)などでできた物質が、石けんやシャンプーなどの刺激によって減少し、皮膚のバリア機能が低下するためとされています。

乾燥した冬では、入浴後に皮膚の水気を十分にふきとらないでいると、水分の蒸発過程で気化熱が奪われてからだが冷え、角層の水分が減少して、さらに皮膚の乾きや荒れが進みます。

高齢者の場合、入浴時に石けんで洗いすぎたり、長時間湯につかることで水溶性のバリア成分が皮膚から失われます。また、かゆみのためにタオルなどで強く皮膚をこすることも悪化の原因となります。さらに、老化にともなう、発汗(はっかん)、皮脂の分泌(ぶんぴつ)低下や、角層の水分保持能の低下も原因となります。

乾燥性皮膚炎の治療の基本は、皮膚の乾燥を抑えることになります。医療機関では症状に合わせて、外用薬の保湿剤が処方されます。保湿剤は入浴後、皮膚がしっとりしているうちに塗ると効果が高まります。症状がひどい場合は、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬や炎症を抑えるステロイド外用剤が使用されます。