唇の乾燥原因について改善法

唇は乾燥により荒れやすい部位です。乾燥が進めば、夏でも唇にヒビが入ってしまう…と言うこともあります。
私の至らぬ点指摘してくれ、より改善をはかってほしいと、そんな思いで言ってくれていた のでしょう。しかし私の精神は、その言葉を前向きに受け止められる状況ではありませんでした。
娘たちに責められ、うつ病が推進
本来なら安らげるはずの家庭でも、私の居心地は惡いものでし今私には20歳と23歳の娘がおります。2人とも本当にいい娘で、今では彼女たちの存在があることにとても感謝しているのですが、当時は私の とらえガが良くなかったせいで、娘からの言葉にも苦しめられていましち娘たちはフランクと言いますか、父親である私に対しても友達口調で、生活の中で見つけた私の良くな いところをはつきりとしてくるのです。
“唇は水分を保持する角質層がとても薄く、皮脂を分泌する皮脂腺がないので、荒れやすい構造をしています。”
当時の私にとって、それは我慢できることではありませんでした。「なんで自分、ずけずけと文句を言われなければならないのか?それも友達口調で……」と言う思いが渦巻き、それも大きなストレスとなって、ますます自分で自分を追い込んでいったのです。

そのころのコンディシヨンはに最悪で休職してから4ヵ月間も出社できていませんでした。精神的に落ち込むだけ落ち込んだ、でもその穴はまだまだ深く、到底抜け出せるものではなかったのです。